楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

単身赴任

単身赴任者が帰宅途中の事故にあったら、、、どうなる?

単身赴任者が帰宅途中の事故にあったら、、、どうなる?


単身赴任者等の帰宅途中の事故は、一部、労災保険での補償が受けられます。

◆補償対象となる単身赴任者等とは


転勤など、やむを得ない事情のために
 同居していた配偶者と別居して単身で生活する者
(独身者は対象になりません。)
     
■しかし、独身者でも、

○長期にわたり病床にある親族を看護する必要のある者
○扶養している親族を世話する必要のある者のように、
 単身赴任者と同じように、
家庭生活の維持のため自宅を生活の本拠地とみなし得る場合は、
対象になります。

通勤災害と認められるには
     
■自宅と就業の場所との間を定期的に直行直帰する場合とされています。

■定期的に(難しく言えば、反復・継続性が認められるときとされる)というのが
 一番の争点ですが、これは、おおむね月1回以上、赴任先(勤務先)と
 自宅を往復していないと定期的とは認められないので、注意が必要です。

■帰宅途上で被災した月以前の3ヶ月に、毎月1回以上、
 自宅に帰っているようなら大丈夫です。

■赴任してから3ヶ月以内に被災する場合もありますから、
 特殊な場合の取り扱いは、最寄りの労働基準監督署
 相談する必要があるでしょう。

□(まあ、何ヶ月かに1回しか奥さんのいる自宅に帰らないような人が
 補償を受けられないのはやむを得ないとしても)
(つぎのようなケースで補償が受けられないことがありますから、
 これは、知識として知っておいた方がいいでしょう)

■補償の原則が、職場と自宅の直行直帰だということです。

■つまり、勤務が終わって、社宅やアパートに帰って、疲れをとるために
 一晩寝てから、翌日に自宅へ帰るケース(よくあると思いますが、、、) は補償されません。

■奥さんの元へ帰る日は、社宅やアパートを出るときにボストンバッグに
 荷物を詰めて出勤。
 仕事が終わったらまっすぐ、自宅へ向かいましょう。
 もっとも、洗濯物を自宅に持ち帰るためとか、着替えのために、
 ごく短時間、社宅やアパートに立ち寄る場合はOKとされています。
 でも、ついつい、インターネットのサーフィンに手を出して
 知らぬうちに長居。通勤逸脱行為となりかねませんからね。)

■同じことは、自宅から赴任先に向かう場合もいえます。
■自宅から、職場に直行する場合はOKなのですが、
 遠方の場合は前日に社宅やアパートに向かう人が多いでしょう。
 前日の行動は、残念ながら補償されません。

□(これらは、通勤災害の拡張解釈で運用されているための制約でしょう。 月1回の帰宅はそもそも通勤とは言い難いところ、
 要件にあえば補償して貰えるのだからありがたいととるか、
 もう少し何とかしてくれと考えるか、人それぞれでしょうが、、、)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
バイト辞めてきた
だって、ここで毎日10万稼げるようになったからなwww
ブログ名今日からニート


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。