楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

単身赴任

【単身赴任】単身赴任・薬の常備

単身赴任単身赴任・薬の常備

単身赴任・薬の常備

単身赴任中、調子が悪くかなりつらいと感じたら、
まずは医者に行くことです。

よほど健康に自信があるならともかく、単身赴任の場合、
動けなくなったらどうしようもありません。
忙しくてもこれは優先した方が良いと思います。

が、日常のちょっとした我慢できる範囲の不調や怪我などのための薬は
整理して目につきやすいところにまとめて箱に入れておきます。
私の場合は食料品と一緒に放り込んであります。

具体的な手持ちの持薬は、次のとおりです。

キズテープ、キズ軟こう、鎮痛解熱剤、カゼ薬、葛根湯、胃腸薬、うがい液、
かゆみどめ、サロメチール、栄養剤、蚊取り線香、体温計。

体温計は、自分の体調不良を客観的にチェックするためにも必要です。
病院に行くとまず熱を測らせる場合も多いですが、
経過を聞かれることもありますから。

鎮痛解熱剤は、バファリンなどの市売品で十分ですが、医者にかかると、
ロキソニンなどの鎮痛解熱剤を多めに処方してくれるのが普通なので、
それをとっておきます。
ただ、抗生物質との相性がありますので、
その場合は必ず医者の処方に従わなければなりません。

疲れがひどい時は、いわゆる各種ビタミン配合の栄養剤を使います。
確かに効き目がありますが、続けるとだんだん効き目がなくなります。
そういう場合は種類を替えるとよいのですが、
ともかく長期間継続して使うのは良くないと思います。

実をいうと、私の場合、風邪、肩こりその他体調不良など、
たいていは葛根湯で間に合っています。
ひょっとしたらプラシーボ効果のほうが高いのかもしれません。

http://www.k3.dion.ne.jp/~skt/tanshin/K-kenkou5.htmより

単身赴任



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。