楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・電子メールの使用

ビジネス マナービジネス マナー・電子メールの使用


■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・電子メールの使用


電子メールの良さは相手の都合を気にしないでメッセージを送れるところです。

ただしこれは送る側の都合であって、

受信した人がそのメールをすぐに読んでくれるとは限りません。



つまり、急ぎの用件を伝えたい場合、

電子メールを送るのは良い方法ではないことになります。

電子メールが便利だからといって

あらゆるメッセージに電子メールに使用するのは依存するのは考えものです。



たとえば上司から「○○の件について報告せよ」というメールを受け取った場合は、

メールでの返信を考えず、まず上司の席に行き、簡潔に結果と経過を説明します。

そこで上司が納得してくれればそれで終わり、

「わかった。それでは今の内容を報告書など文章にして提出してくれ」と

言われて初めて電子メールを活用することになります。



最近では何でもメールで済ませようとする人もいますが、

部下から上司への報告は言葉だけで成立するものではありません。

報告する時の語気、表情も含めて上司は部下の仕事を評価する。

「わざわざ報告しに来ないでくれ、忙しいんだ」などと言う上司は大いに問題あります。

部下の仕事を掌握することが上司の第一の業務なのですから。



このほか、相手にお詫びしなくてはいけない時も電子メールは適当ではありません。

用件を伝えるよりも気持ちをあらわすことが目的の場合は、

まず面会、あるいは電話、あるいは自筆の封書です。



電子メールは便利だが、それだけに気持ちをあらわす手段としては

役不足であるということを覚えておきましょう。



ビジネス マナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。