楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

ビジネス

【ビジネス】ビジネスパーソンはプロゴルファーになろう!

ビジネスビジネスパーソンはプロゴルファーになろう!

ホワイトカラーエグゼンプション制度についての報道が最近
よくされる。

時間給や残業代という考え方がなくなり、成果報酬色が
強まるというもの。

いい悪いは別として・・・時代の流れとしてこういった傾向は
ますます加速すると私は思う。

成果報酬の代表として、野球選手を思い浮かべる方も多い
のではないか?
(特に最近は松坂投手や井川投手の話題が持ちきりなので)

しかし、私はビジネスパーソンはプロ野球選手ではなく
「一流のプロゴルファー」を目指そうと言いたい。

もちろん、ゴルフを練習して本当のプロになるという意味では
ない。

野球よりさらに厳しい成果報酬がゴルファーには既にあるからだ。

厳しい世界と言われる野球選手は、通常、シーズンオフに
球団との契約が更改される。

その年の成績で次年度の年俸が決まる。つまり次年度の給与
は保証されるのだ。

運がよければ、松坂投手のように複数年契約もありうる。
(もちろん契約途中で契約を破棄される場合もあるが、その際も
違約金という形で選手にはある程度、お金が支払われる)

万が一・・・来期松坂投手が1勝もできなくても、・・・極端な話
1球も投げなくても、球団からはちゃんとお金がもらえるのだ。

また一般的に、一度活躍すれば、1年成績が悪くてもすぐに
契約が切られることは非常に少ない。

例えば、巨人の高橋良伸選手が昨シーズン、入団以来
最低の成績で年俸は下げられたが、解雇はされない。


ところが、ゴルファーは違う。


今年、賞金王になろうが、1億円稼ごうが・・・次の開幕時には
0からのスタートとなる。

前の年いくら稼ごうが・・・何勝しようが、次の年の保証は何にも
ない。

今年男子賞金王の片山選手も来期稼げる保証は全くない。

もちろん、トッププロと呼ばれるゴルファーはスポーツメーカーなど
とスポンサー契約をして、契約料を手にすることができるが、それも
活躍しなければ、すぐに契約を切られる。

簡単にいうと、毎年、毎年成果を出し続けないといけない。


ホワイトエグゼンプションなんていうのは、ほんの入り口かもしれない。

これは自営業や会社を経営している人だけではない。

サラリーマン(ウーマン)であっても同じではないか。

あるカリスマ社長がこう言った。

「給与をもらって働く時代は終わった。

働いて給与をもらうのだ!!!」

ビジネスビジネスパーソンはプロゴルファーになろう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。