楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

ビジネス

ビジネス・あなたの勝利の方程式は

あなたのビジネスでの勝利の方程式は?


強い相撲取りに共通していることは、自分の「型」があること。
例えば、昭和の大横綱・千代の富士は、右四つに組んで左上手に
なれば、完全に勝ちパターンというように・・・

野球でも強いチームは必ずと言っていいほど、勝ちパターンがある。
昨年、セ・リーグを制覇した阪神も試合の終盤になると
JFK(ジェフウイリアムス、藤川、久保田)が登板し
チームを勝利に数多く導いた。

ビジネスも同じではないか。

私が今までお会いした成功者には決まって自分の「型」、
勝ちパターンを持っている。

こうすれば売上が上がる!
こうすれば利益が上がる!
こうすれば契約が取れる!など

もちろん、自分の「型」を見つけるためには、
気の遠くなるような試行錯誤や工夫、
そして努力が不可欠であることは言うまでもないが・・・

あなたのビジネスでの勝利の方程式は何ですか?

ビジネス

ビジネス・何もやることがない状況を作ろう!

何もやることがない状況を作ろう!


経営者に一番必要なものは「決断」することではないか。


私が重要だと考えることは・・・
「決断」という字のごとく・・・
断つことを決すること。つまり、やらないことを決めること。

実は・・・やらなくちゃいけないことを考えるのは、比較的楽なのだ。
やらないこと、切り捨てることの方が、大変であり、勇気もいる。

この話をあるクライアントにお話させていただいたところ、
こんな質問を受けた。

「やらないことをどんどん決めていって、
本当にやることがなくなってしまうことはありませんか?」

実際にある。

しかし、私は「やることがない」・・・それでいいと思う。

「やることがない」状況になると、
さすがに人は真剣に「考える」ことをする。
やることがたくさんあると、体力的に疲れ、
満足感は得られるが,
どうしても「考える」ことが疎かになる傾向があるのでは・・・・

究極の意見ではあるが、
経営者は「決断」して何もやることがない状況を作ろう!
と提案する。

ビジネス

ビジネス・マイナス思考の経営者が成功する?

マイナス思考の経営者が成功する?
プラス思考、積極的、前向き・・・
経営者やビジネスパーソンには
不可欠な要素だと思う。

しかし、時には・・・
マイナス思考も必要なことがあると私は考える。

例えば・・・会社の業績が好調な時。
波に乗ってイケイケもいいが一方では”今の仕事・ビジネスの売上が突然なくなったらどうするか?”
というマイナスのことも考えていた方が、
「いざ」という時にうまくいくのではないか。

景気がいいとき、
親会社からの仕事やある特定の会社からの下請けだけで、
非常に儲かったものの・・・その後、
その仕事が少なくなり(またはほとんどなくなり)
窮地に立たされている経営者を嫌というほど見てきたので・・・

売上や利益が上がっているときこそ、マイナス思考は有効になる!!

マイナス思考というと響きは悪いが・・・
要するに今成功している、うまくいっている原因を冷静に受け止め、
今のやり方がいつまで続くのか精密に予想することだとも言える・・・

マイナス思考の経営者が成功する?

ビジネス

ビジネス・全員が反対したらGOサイン!!

全員が反対したらGOサイン!!



ある社長がこう言っていた。
「会社(ビジネス)で新しいこと(事業・企画)をやろうとする際
幹部や経営陣すべてが、それに賛成したなら・・・
その事業や企画は、もう手遅れ、古い。それはやるべきではない」

「逆に、全員が反対したら即実行すべき!!!」

すべてのことが、これに当てはまるとは限らないが、
私はこの意見に賛成だ。

ビジネスチャンスは思いもよらないところにあることが多い。
みんながいい、みんながビジネスチャンスと考えているところには美味しい果実は無いのではないか。

新しいことをやろうとしたら、
みんなが反対したり、みんなに笑われたりするぐらいで
丁度いいと私は常に思っている。

全員が反対したらGOサイン!!!

ビジネス

ビジネス・電車ストップからこんなことを学ぶ!!!

電車ストップからこんなことを学ぶ!!!

先日、JRの山手線に乗っていた。
通常、駅に到着してから発車するまでの間は
1分程度だと思う。

しかしその日は高田馬場駅に到着し、
ドアが開くとなかなか発車しないのだ。
次の駅(目白)で下車する私は、少しイライラし始めると
すかさずアナウンスが入った。

「○○駅の線路内にお客様が入り、安全を確認中です。
しばらくお待ちください」


しばらく待っているとまたアナウンス。

「先程のお客様の安全が確認でき、まもなく発車予定です」

さらに1分程してだろうか・・・またアナウンス。

「たいへんお待たせしました。まもなく発車です。」

電車が遅れて、車内アナウンスが流れるということは
よくあることだが・・・改めて考えてみると、
JRの対応はすごいと思う。
日常のビジネスにも十分参考になる。

ビジネスには、トラブルクレーム
うまくいかないことは日常茶飯事だ。

通常、それらを解決してから、
その結果だけを相手に伝えることが多い。

しかし・・・ワンランク上のビジネスパーソン
結果がでる前に、途中経過も相手に伝える。

JRの車内放送のように・・・

もし、電車が止まってから、
動き出す間何のアナウンスもなかったら、
乗客は「何がおこったのか?」
「どんな状況なのか?」不安になる。

それが新たなクレームになることもあるのではないか。
何分も待たせて「たいへんお待たせしました。まもなく発車です」
だけでは後味が非常に悪い。

ビジネスも同じなのでは。

待ち合わせに遅れてくる人でも二通りの方がいる。

「○分遅れます!!すいません」とだけ言う人。

それに加えて
「今○○駅まで着きました。あと○分です」
と途中経過も伝える人。

チョッとのチガイだが、
相手の感じ方は大きく違うと私は思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。