楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・電子メールの使用

ビジネス マナービジネス マナー・電子メールの使用


■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・電子メールの使用


電子メールの良さは相手の都合を気にしないでメッセージを送れるところです。

ただしこれは送る側の都合であって、

受信した人がそのメールをすぐに読んでくれるとは限りません。



つまり、急ぎの用件を伝えたい場合、

電子メールを送るのは良い方法ではないことになります。

電子メールが便利だからといって

あらゆるメッセージに電子メールに使用するのは依存するのは考えものです。



たとえば上司から「○○の件について報告せよ」というメールを受け取った場合は、

メールでの返信を考えず、まず上司の席に行き、簡潔に結果と経過を説明します。

そこで上司が納得してくれればそれで終わり、

「わかった。それでは今の内容を報告書など文章にして提出してくれ」と

言われて初めて電子メールを活用することになります。



最近では何でもメールで済ませようとする人もいますが、

部下から上司への報告は言葉だけで成立するものではありません。

報告する時の語気、表情も含めて上司は部下の仕事を評価する。

「わざわざ報告しに来ないでくれ、忙しいんだ」などと言う上司は大いに問題あります。

部下の仕事を掌握することが上司の第一の業務なのですから。



このほか、相手にお詫びしなくてはいけない時も電子メールは適当ではありません。

用件を伝えるよりも気持ちをあらわすことが目的の場合は、

まず面会、あるいは電話、あるいは自筆の封書です。



電子メールは便利だが、それだけに気持ちをあらわす手段としては

役不足であるということを覚えておきましょう。



ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・返信メール

ビジネス マナービジネス マナー・返信メール



■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・返信メール

ほとんどのメールソフトでは、受け取ったメールに返信すると

その文面にあらかじめ相手の文章が「 > 」というマークで引用されます。

この引用文の使い方は、メールマナーを考えれる上で、話題になります。



しかしメールの基本は“相手に的確に意志を伝える”ことです。

これをしっかり考えていれば悩んだり迷ったりする必要はありません。

引用が全くなければ相手が何に対する返事なのかを送信記録から探さなくてはならないし、

全文を引用すればどこに返事が書いてあるのかわからなくなります。



そこでおすすめしたいのは、相手が答えを求めている文末とその直前の一行

だけを引用する方法です。

論文を書くための引用ではないので、

相手が書いた内容を思い出すきっかけになるだけで十分なのです。



反対にやってはいけない引用は、

自分の書いた文章の後に延々と引用文をぶら下げることで、

読み手にとってはその文の後ろにもコメントがあると思って読み進めてしまい、

何も書いてなくて肩すかしの印象を受けます。

また、先に長々と引用しておきながら最後にコメントが一行だけという返信も考え物です。



メールのタイトルについても同様で、

返信すればタイトルの手前に「Re;」という符号が付きます。

これは「返信ですよ」という意味ですが、

簡単なメッセージなら何に対する返信なのかをわかりやすくなりますが、

この状態でお互いに返信しつづけるより、

本文の内容に合わせて書き換えれば丁寧な応対となります。


ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・添付ファイル

ビジネス マナービジネス マナー・添付ファイル



■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・添付ファイル


電子メールの便利な機能に「添付ファイル」があります。

これは文字だけしか扱えないテキスト形式の電子メールで画像や音声、

表計算ソフトのデータをメールに貼り付けて送るという機能で、

インターネットでは日常的に使われています。



ただし、これも便利だからと言って使いすぎには注意しましょう。

添付ファイルの許容容量は会社やインターネットプロバイダーの

メールシステムによって異なっているからです。

相手のメールアドレスを管理するコンピュータが1MB(メガバイト)の容量しか

扱えない場合に2MBの添付ファイルを送信しても、

オーバーフローを起こして相手のメールシステムから遮断されてしまいます。



この状態を回避するためには『分割メール」という手法を使える。

つまり、1MBのファイルを1MB+1MBの2通のメールに分割して送信し、

相手のメールソフトで自動的に結合してもらう方法です。



ただしこの場合にも注意点があって、
相手のメールボックスが未読メールでいっぱいになっている場合は

届かないことがあるだろうし、

また、メールを分割して送信したメールソフトと、

分割メールを受信して結合するメールソフトの相性があわない場合は

結合されないので表示することができません。



また、大きなデータを受信する場合は時間がかかるので、

送信する前に予告したほうがいいでしょう。


ビジネス マナー


ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・メールアドレス

ビジネス マナービジネス マナー・メールアドレス


■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・メールアドレス


会社で使用するメールアドレスは、たいてい会社名がわかるようになっています。

会社から割り当てられるメールアドレスはaaa@bbb.co.jpという形式で、

aaaが会社の中の個人個人を表す記号、bbbが会社名を表す記号、

coは民間企業を表し、jpは日本であることを表しています。



宛名が会社用アドレスになっている場合は、

そのメールアドレスは会社の勤務時間はチェックしてもらえる可能性がありますが、

夜や休日にはチェックされないだろうということがわかります。



このように、メールアドレスはあなただけではなくあなたの勤務先も示すものだから、

会社のアドレスからプライベートで友人などヘメールを出すことは、

仕事をサボっていることを自己証明しているようなものです。

ビジネス マナーです。



会杜によっては多少のプライベートな利用も大目に見てくれるかもしれないが、

厳格な会社では処罰の対象となります。

処罰で済めばまだいいほうで、リストラの理由にもなりかねない。

メールを書いている間は仕事をしているようにみえるから、

多少プライベートな用件で使ってもバレないと思うかもしれない



しかし、ネットワーク管理者は会社とインターネットとの間で

流通するデータすべてに責任を負います。

会社のネットワークを破綻させるようなデータの流入を阻止し、

社内からネットワークヘの有害データも遮断する権限があります。

つまり、ネットワーク管理者はデータをチェックできることを知っておきましょう。



そのために、プライベートな用件で使うためのメールアドレスを別に取得しておきましょう。

プライベート用メールアドレスは、フリーメール(Hotmailやyahooメール)など、

使えます。これはホームページ上でメールを送受信するシステムなので、

会社のネットワーク管理システムからはチェックしにくくなっています。


ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・電子メールの基本

ビジネス マナービジネス マナー・電子メールの基本

■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・電子メールの基本

電子メールの基本は、“短い文章で簡潔に”書くことです。
ビジネスとして使う電子メールは数行以内にまとめることが基本です。


パソコンの画面では長文の文章が読みづらいので、
これより長い文章は報告書にまとめ、
ワープロ書きでブリントして渡したほうがいい。
どうしてもメールで送りたい時は別の文書ファイルにして、
ファイルを添付し、
メール自体は文書ファイルの内容を簡潔に紹介するにしておきましょう。
こうすれば相手が情報を整理しやすくなります。



また、電子メール本文では、漢字の使い過ぎにも気をつけましょう。
メールだけではなくワープロ文書でも同様だが、
漢字がカンタンに使えるからといって漢字だらけの文章は読みにくいし、
パソコンの画面では画数の多い字がつぶれ、
省略されてしまうこともあります。



短い文章を書くように心がければ言葉づかいの誤りで

誤解を招くようなことも避けられます。

文も一行一文程度に短く書くと読みやすくなります。

ビジネス マナー


ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・メールのCC機能

ビジネス マナービジネス マナー・メールのCC機能



■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、
インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、

相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、
都合のいい時間に読めることです。

しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・メールのCC機能


電子メールには、「CC(カーボンコピー)」という機能があり、

これは発信人が宛先以外の人に同じメールを同時に送る機能です。



CCは送りたい相手だけが宛先で、

CCで送る相手には参考までに見てほしい、という意味合いになります。

取引先ヘメールを送る時にCCで上司に送れば、

経過をリアルタイムに上司に伝えることになります。



こういう送り手からの使い分けは受信者も受信リストで確認できます。

たくさんの人に出すメールも、内容が同じならメールを書く手間は一度で済むから、

CCや宛先の複数指定機能はとても便利です。



しかし、CC機能は便利だからと言って安易に使うと一つのメールによって、

メールアドレスが意図しない人に公開されてしまい、

プライバシーの侵害になりかねません。



もし多人数に同一メールを送りたいなら「CC」ではなく

「BCC」機能を使いましょう。

BCCは「バックグラウンドカーポンコピー」の略で、

同報送信者の名前を隠したまま複数のあて先にメールを送信できる機能です。



宛先を発信者にして、つまり自分宛に送るようにしてBCCを使えば、

同報発信者同士が互いのメールアドレスを知ることはありません。


ビジネス マナー



ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・メールのチェック

ビジネス マナービジネス マナー・メールのチェック



■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・メールのチェック


ビジネスにかかわらずメールは欠かせない存在になっているが、

仕事の連絡に電子メールを使う割合が多くなると、

一日に何回もメールをチェックするようになります。

メールソフトには一定の割合でメールの到着を確認する機能が付いており、

数十分ごとにチェックする人もいます。




メールをほとんど使わないという人はほとんどいないでしょうが、

少なくとも朝・夕に一回ずつメールをチェックしましょう。

その日のうちに届いたメールに対して夜に返信できるし、

夜に届いたメールに関しては朝チェックできるからです。



電子メールの情報伝違は郵便より早く、

電話より遅いというポジションにあります。

そこで、おすすめしたいテクニックが“空返事”です。

メールを受け取ってなにか返事をする必要がある場合、すぐには答えられず、

返答に時間がかかる時は「○○日までに返事をします」とだけ返信します。



こうしないと、メールを読んだかどうかも相手にはわからないからです。

無視されたという誤解を与えないためにも、

できるだけ早くせめて二営業日以内には返事をしたほうがいいでしょう。



また、メールソフトの機能として、

メール受信者に対して“受信者が開封したことを送信者に知らせる

”確認メッセージを要求できる機能があるが、

受信者によってはこのメッセージが不快に感じることもあるので、

使う場合には注意しましょう。


ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・電子メールの文章

ビジネス マナービジネス マナー・■電子メールの文章


■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、
インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、
相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、
都合のいい時間に読めることです。

しかも郵便メールよりもずっと早く、
たいていのメールは数分以内で届いてしまう。

しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、
ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


ビジネス マナー・電子メールの文章

電子メールでよく言われることであるが、

文字だけでメッセージを伝えることは簡単でも、

感情まで伝えるのはとても難しいということです。



断定調「〜だ。〜である。」で書けばエラそうで横柄な印象になるし、

丁寧な文章を書いたつもりで「〜です。〜ます。」ばかり使うと、

よそよそしいと言われてしまいます。



電子メールの場合は肩に力を入れず、

いつも相手に語りかけるような話し言葉で書いてかまわないでしょう。

ただし、文字で率直な会話を書きにくい性格の人もいるので、

届いた電子メールからふだんの相手とは違う印象を受けたとしても

慌ててはいけません。



電子メールを使い始めると、さまざまな相手から電子メールを受け取ります。

そうしたメールの中から印象の良い表現や言葉づかいを参考にするといいでしょう。


ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・電子メールの宛名・タイトルへの配慮

ビジネス マナービジネス マナー・■電子メールの宛名・タイトルへの配慮


■電子メール(Eメール)

電子メール(Eメール)とは、インターネットを通じて文字情報を特定の相手と送受信する機能のことで、
ワープロのように文字を入力し、相手のメールアドレスを指定して送信すれば、
そのメールアドレスだけにその文章が届きます。

電子メールの優れたところは、時間を選ばずに送信でき、都合のいい時間に読めることです。
しかも郵便メールよりもずっと早く、たいていのメールは数分以内で届いてしまう。
しかも便箋やペンや切手を用意しなくていいし、ポストに投函し忘れることも無く、
現在ではビジネスにおいても無くてはならない便利なシステムになっています。
がっ、ビジネス マナーは守りましょうネ。


■電子メールの宛名・タイトルへの配慮

電子メールを使うためのソフトのほとんどは、メール本文以外に、

タイトル(件名)や宛名(宛先)や発信人名を表示します。

このときのちょっとしたことではあるが、

“宛名に敬称を含めておく”といいでしょう。



メールソフトのアドレス帳は住所録と同じようなものですが、

ここで書いた宛先情報が相手のメールソフトに表示されることを念頭におき、

あらかじめ相手の名前に「〜様」と敬称をつけておくのだ。

自分宛に届いたメールの宛先をチェックする人は少ないけれど、

マナーや礼儀にこだわる人が見れば、送信者への印象が変わってくるでしょう。



確かにメールのアドレス帳で「〜様」と修正するのは手間であるが、

“相手に敬意を示すためなら手間を借しまない”という姿勢があればこそ

好感を得られ、コミュニケーションもスムーズになるというものです。



タイトルも同じように、「出欠の確認」よりは「ご出席のお願い」のほうが相手を敬う気持ちがあらわれています。

ただしタイトルのような短い言葉でスマートに敬意を示す人は

日ごろから敬語をきちんと使えている人でしょう。



電子メールでいきなり敬語を使える人はいません。

逆に、宛名やタイトルの書きかたひとつで

あなたの人格が判断されてしまうこともあることを覚えておきましょう。


ビジネス マナー


ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナー・ビジネスの基本

ビジネス マナービジネス マナービジネスの基本

■ビジネス マナー・ビジネスの基本

こんにちは〜。 毎日忙しい事とは思いますが お元気ですか?

会社生活の中で、上手に生きていくコツは、いかに他人に迷惑をかけないエチケットやマナーを知っていて、なおかつ実行できるかどうかにかかっていると言われています。

もうすでに社会人としてビジネスを携わっている方は、身をもって感じていることではないでしょうか。また今年初めて社会人となる方は、これから経験していくでしょう。

特に新社会人の方は、楽しく気楽だった学生時代と別れ、いよいよ“大人”として生きてゆかなければなりません。これからの社会人生活に希望と不安と恐れと、いろいろな感情が入り交じっているでしょう。

でも、“大人”として生きていくことは、それらの不安に立ち向かりてゆく知恵を身に付けるということです。知恵を身に付け生かすには、知識が必要です。その知識を、これから社会人として、ビジネスマンとして、一つずつ学んでゆかなければなりません。

ビジネス マナー

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナーとしてのビジネスマン…

ビジネス マナービジネス マナーとしてのビジネスマン…


ビジネス マナー・ビジネスマンとしての意識



ビジネスマンとしての意識

ビジネスマンとして、働くには下記の5つの意識が必要と言われています。

◆1. コスト意識(原価意識)

少ない投資で利益を上げることが企業の原則です。
経費の節約やムダを省くことで、コストの節約をはかることが大切です。


◆2. 顧客意識

社会で信頼を勝ちとるには、心をこめた仕事をすることが大切です。
お互いの信頼関係を大切にし、より成果を上げたいものです。


◆3. 協力意識

当然ですが、仕事は一人では出来ません。
おのおの役割分旭にしたがい、協力して進められるものです。
だから、人間関係に注意して、信頼関係で円滑に仕事ができるように努力しましょう。


◆4. 安全意識

健康管理や職場での安全意識に気をつけるのは、第一番に「基本的なこと」です。
機密書類や秘密事項などの保持には気をつけましょう。


◆5.改善意識

仕事が、今まで以上により楽しく、より正確に、よりスピーディに、
より安価に、よりセーフティにできるように、常に考え、
工夫する気持ちが大切です。


以上1.〜5.まで、当然と言えば当然のコトですよネ。
ビジネス マナーです。
これを踏まえて頑張ってください。

ビジネス マナー】<

ビジネス マナー 

【ビジネス マナー】ビジネス マナーとしての健康管理

ビジネス マナービジネス マナーとしての健康管理

■ビジネス マナー・健康管理

「いまさら健康管理なんて、言われなくても‥。」と思うかも知れませんが、ビジネス又はビジネスマンとして求められるのは、まず“無遅刻・無欠勤”なのです。

これがビジネス マナーです。

なぜかって?

多少仕事ができても(本人が思うほどに・・・)
急に休みをとってしまうような人に大切な仕事は任せられません。

それならば、多少仕事が遅くても、毎日出社してくる人に仕事を任せます。そのほうが安心だし、それが会杜というものです。

これがビジネス マナーです。

まず、心身共に健康であるためには、まず、ストレスを溜めないことです。

長い会社生活、精神的なストレスは、気持ちの持ちようでどうにでもなるでしょうし、なります。

仕事や対人関係などで、不安や心配事がたくさんあると思いますが、

「クヨクヨしない」、「明日は明日の風が吹く」のように、

強い精神をもてば何てことはありません。
※決して無責任でイイと言うコトではありませんヨ!!

『仕事は仕事』と割り切り、逆にビジネスを楽しむという心構えが良いのです。

ビジネス マナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。